流木の下処理 洗浄からあく抜きなどの流木処理

 
   
 
トップページ流木日和 紹介下処理工程
伊豆の海と流木保管と管理在庫・お客様の声

流木の格安セット販売ペイント流木販売沈水流木
珍品・単品流木オーダー流木の販売大量販売

流木活用展お買物についてご注文フォーム
 
   
 

流木日和トップ 流木の下処理工程

 
 

流木日和の下処理

1つ1つ手間暇かけた「下処理工程」

「採取・仕入れ」

1.洗浄処理 【洗浄・磨き】
  • 1本1本を手に取って丁寧に洗浄します

  • ブラシや強めの水圧を使って洗浄していきます

2.煮沸・熱湯処理 【殺菌・あく抜き・塩抜き】
  • 「殺菌」や「あく抜き」の為の熱処理です

  • 主に大きな容器・厚袋等で熱湯に浸けこんだり、大型鍋で煮込んだりして、熱処理を施します

  • 長い時間、熱湯に浸しすぎると表面の繊維がボロボロになってしまうため、大きさにもよりますが、5分~15分ほどを目安に熱処理を施します

3.沈水処理 【あく抜き・塩抜き】
  • 「あく抜き」や「塩抜き」のために、綺麗な「水やお湯」に沈め、沈水処理を施します

  • 主に沈水流木商品での下処理工程となり、月に1~2回ほど新しい水(約75℃のお湯)に入れ替えながら、沈水させたままとなります

  • 水槽・アクアリムなど「生き物と一緒にお使い」になる場合は「生き物・植物等と一緒にご使用のお客様へ」のページもご確認ください

4.乾燥処理 【確実に芯まで乾かす】
  • もう1度、綺麗な水で洗ってから、乾燥させます

  • 屋外ですと空気中の塵・埃・排ガス・黄砂・花粉・虫などが付着してしまうため、屋内で「完全に乾燥」させます

  • 流木の素材・材質・サイズ・仕入状況・量などにより、乾燥方法も左写真のようにいくつか使い分けます

  • 1日10リットル以上の除湿性能を持つ高性能な除湿乾燥機を「最大3台」使用します

  • コンプレッサー方式・デシカント方式・ハイブリッド方式の合計3台の除湿乾燥機です

  • 湿気は下に溜まるので、下の空間を確保し、流木同士を立体にして隙間を設けながら風通しを良くします

  • 量・太さ・時期・天候によっては、完全乾燥まで数日を要することもあります

  • 除湿機のフィルターではバイオ除菌等により浮遊菌やカビ菌の繁殖を抑制します

  • 完全に乾燥させたら、空気中の湿気を再度吸ってしまわないように、早めに密閉された保管容器・保管ケース等に移します

「保管・在庫管理」
  • フタ付きの「密閉」できるプラスチック容器等にサイズ毎に仕分けて保管します

  • 主に珍品・変形・単品など、サイズや形状によっては、湿気のたまりにくい風通しのよい屋内のケース外で保管します

  • 沈水流木は沈水させたままでの保管となります

  • 湿度計で湿度を確認しながら、一般的な「シリカゲル」や「生石灰の除湿剤とゼオライトなどの除湿脱臭剤」のほか、カメラ用の「防カビ・脱臭防湿剤・調湿剤」等と一緒に保管します

  • 流木の管理保管の詳細は【流木の保管と管理】をご参照ください

上に戻る

流木による下処理の違いとその他ご注意

「格安セット販売・ペイント流木・単品珍品」の流木は、洗浄処理~熱処理~乾燥処理を施してあります。

「沈水流木」の詳細「沈水流木の販売ページ」をご確認ください。

主に大型流木や大きな変形流木は、流木日和では「熱湯に浸けること」ができませんため、1~3分ほど「熱湯をかけ流し」ながらの「熱処理」になります。

下処理後も、ヒビや割れ目から砂などが落ちてくることがあります。また、付着物の有無のほか、あく抜き・塩抜き・殺菌等は万全をお約束するものではございませんこと、予めご了承ください。

アクアリウムや水槽等で生物や植物と一緒にご利用をお考えの方や、用途・目的・環境等によって流木日和の処理だけではご心配な方は【念入りな「あく抜き・塩抜き処理」に関する大切なご案内】を必ずお読みください。

上に戻る

下処理済みの流木「大量セットで格安&激安販売」

流木の大量セット販売

上に戻る

 
   
 


トップページ流木日和 紹介下処理工程
伊豆の海と流木保管と管理在庫・お客様の声

流木の格安セット販売ペイント流木販売沈水流木
珍品・単品流木オーダー販売大量販売

流木活用展お買物についてご注文フォーム

流木の下処理  格安&激安の秘密  格安流木のセット販売  お問い合わせ

 
 

サイトマップ

伊豆の天然流木販売「流木専門店・流木日和」

Copyright 2007- 流木日和.
All rights reserved.