重要:流木のあく抜き・塩抜き・殺菌消毒等の再処理に関して

 
   
 
トップページ流木日和 紹介下処理工程
伊豆の海と流木保管と管理在庫・お客様の声

流木の格安セット販売訳あり流木沈水流木
珍品・単品流木オーダー流木の販売大量販売

流木活用展お買物についてご注文フォーム
 
   
 

流木日和トップ アクアリウム・水槽・生物・植物等での流木使用について(あく抜きや塩抜き等)

 
 

念入りな流木処理の必要性「あく抜き処理・塩抜き処理・殺菌」

ご購入前に必ず「最後まで」ご確認ください

流木日和の流木購入をご検討いただき、誠にありがとうございます。

流木日和では流木日和の流木を使って、環境変化や水質にうるさくない生体や水草ばかりではございますが「熱帯魚・メダカ・エビ・シュリンプ・水草・苔」などの飼育もしております。

その中で、「1.日々、大切に育てている命の成長や繁栄の楽しみ」と「2.流木の存在感の素晴らしさ」の、その両方ともを、とても強く感じております。

皆様が大切に育てられているお客様の生きもの・植物等の「大切な命」のためにも、ご注意点と、流木日和が「できる限りの詳しいご案内」も、このページに記載させていただいております。

ご注文前・ご使用前に、このページを必ず、最後までご確認ください。

流木日和の流木により、生体の病気や死亡やケガ、水草・植物の病気や枯れなどについての補償はいたしかねます。これらを含め、いかなる損害が発生したとしても、流木日和では責任を負いかねますこと、あらかじめご了承ください。

商品到着後はこのページに記載されている一例のような、念入りな「丁寧な洗浄・あく抜き・塩抜き・殺菌消毒」など、お客様の使用目的や環境に適した流木になるように適切な再処理等を施したうえで、最終的に適しているかどうかを必ず確認してから、すべてお客様ご自身の責任におかれまして、ご使用ください。

また、流木の強度は一切考慮しておりませんことや、流木の樹種(木の種類)もわかりませんため、ペットだけでなく人間が触れる場合でもケガ、かぶれ、アレルギーなど何らかの損害やトラブルが発生したとしても一切責任を負うことはできません。

人間はもちろんですが、そのほか特に「高価・高額」な生物や植物や、絶対に不調や失敗が許されない場合のほか、一般的な「アクアリウム・熱帯魚・水槽レイアウト・水草水槽・テラリウム・コケリウム・ビオトープ・園芸ガーデニング・熱帯魚以外の魚類・爬虫類 / 両生類 / 鳥類 / 昆虫」などどのような動植物であっても「何らかの生きものや植物」と共に使用する場合におかれまして、ご自身で必要な再処理を施せない・安全性の確認とその判断ができない・その生物や植物に適した使用方法がわからないような場合には、誠に恐れ入りますが、念のためご購入やご使用をお控え頂ければ幸いでございます。専用に販売されている安全な商品をお探しいただければと思います。

お客様の使用環境に適さない場合や、その恐れのある場合には使用せず、既に使用中の場合にはすぐに中止してください。

流木日和では、海からの素晴らしい贈り物である流木を、安全かつ末永くご愛好して頂けることを、切に願っております。

流木日和がおこなう各流木商品の下処理

  • 1.【沈水流木 商品】の下処理工程

  1. 洗浄処理(ブラシ / ホースジェットの水圧)
     

  2. 仮容器や本容器での熱処理(約75℃の熱湯)

  3. 熱湯は自然放熱で、沈めたまま沈水保管

  4. 月に1~4回程度の頻度で水替え(お湯替え)

  5. 以降、上記2・3・4を、繰り返し
     
    ※「6ヶ月以上の沈水期間」を経過した流木は販売開始
    ※発送まで沈めたまま上記234を繰り返し
     

  6. 受注後、冷水で再洗浄

  7. 再度の熱処理

  8. その環境での塩分濃度測定

  9. ※工程の詳細は...「こちらのページ」

  • 2.【その他(沈水流木以外)の流木】の下処理工程

  1. 洗浄処理(ブラシやホースジェットの水圧)

  2. 熱処理(約75℃の熱湯で5~15分)

  3. 冷水での再洗浄(※沈水処理なし)

  4. 屋内で除湿機を使用して乾燥

  5. 密閉容器に除湿剤等と共に保管(※湿度目安 35~50%)

  6. ※工程の詳細は...「こちらのページ」

「安全にお使いいただくために・ご案内」

  • 到着後は、必ず、すぐに段ボールやビニール袋から取り出してください。

  • 「使用目的・環境・動植物」などに合わせ、下の案内にあるような必要な下処理や丁寧な洗浄を必ず施してください。

  • また、乾燥させる場合には湿気の少ない風通しの良い場所等で表面だけでなく芯までしっかりと完全乾燥させるようにしてください。

  • ビニール袋に入れたままの状態や、風通しの悪い場所や湿気の多い場所で乾燥させようとしたり、そのような場所で保管したり、水中以外の空気に触れる部分ができる状態での使用や、湿気の多い場所で使用する場合にもカビや雑菌等が発生したり繁殖する恐れがございます。

  • 沈水流木は発送前にも「水に沈むことを1つ1つ再確認」しておりますが、梱包による水分の乾燥・蒸発等によりすぐに沈まない場合もあります。この場合は、しばらくの間、強制的に沈めておくことで通常は沈むようになります。

  • 下処理に使用している水・お湯は、すべて水道水を使用し、熱湯は水道水を約75℃にしたものを使用しています。沈水流木の保管容器では複数の流木が混在した状態での沈水保管となります。沈水流木以外では乾燥後に除湿剤等と一緒に密閉容器での乾燥保管となります。

  • 沈水流木商品の場合、発送前の最終工程で約75℃のお湯を注いだ容器に2時間ほど入れておき、その際の容器内の水についての「塩分濃度」は「測定」をしておりますが、その環境下での簡易測定結果(あくまで目安)となりますことから、正確さや安全性を保証するものではございません。また、沈水流木以外の流木商品では塩分濃度の測定は行っておりません。

  • 海に落ちている見た目が綺麗な様々な流木を採取しています。このため、流木の元々の木の種類(樹種)に関する「把握 / 確認」などは行っておりません。

  • チリ・ホコリ・花粉・黄砂・貝・虫・砂・石・藻類・水苔・菌・微生物・木のヤニや油や樹脂・その他の付着物や含有物の他、流出する成分・塩素濃度・アクの残量・硬度の変化・pH値の変化等の「測定 / 確認 / 除去」などは行っておりません。

  • 水分を含むと「膨張すること」や「脆く(もろく)」なることがあります。

  • 特に水に濡れる状態の水槽やケース等で使用の場合、スペースには余裕を持って、安定した状態で安全に設置してください。また、尖っていたりトゲのような部分のある流木もあります。お取扱いや生体のケガ等にも十分注意してください。

あく抜き・塩抜き・殺菌等の「下処理方法」

  • 方法1.
    大きめの容器(鍋・底が深いフライパンなど)で「煮る・煮沸する」。色が濁ってきたりアク等が出てきたら水を替える。
    (※流木日和が飼育している水槽内の流木の最終処理は主にこの方法です)

  • 方法2.
    ホームセンターや熱帯魚ショップにある「流木のあく抜き剤」を使用する。市販のあく抜き剤を使用することで「安価」で「効率」の良い「あく抜き処理」が期待できます。

  • それでも心配な場合・慎重に処理したい場合
    さらに心配な場合やもっと慎重に処理したい場合には、上記に加えて大きめの容器(鍋・頑丈で熱に強いバケツや衣装ケースなど)に、水やお湯を張って、さらに長期間沈めておく。色が濁ってきたら水を替える。

<上記方法の主な補足・詳しい説明>

  • 「あく抜き・塩抜き」では、これらの方法を複数かつ長時間(長期間)行うことで、より強いアク抜きや塩抜きが期待できます。

  • 「殺菌」が主に期待できるのは、方法1の煮沸処理になります。(※煮沸もすべての菌を殺菌できるものではございませんが、短時間よりも長時間の煮沸を行う方が殺菌を見込めます)

  • 方法2の「あく抜き剤」以外で、一般的な「重曹」でもアク抜き剤と似たような効果が期待できますが、重曹は水質に影響を与えてしまう懸念もございます。

  • 方法1の「煮沸」につきましては、煮沸することで樹脂(木タールなど)が溶け出す可能性もありますので、その個体・樹種・使用目的・状況等によっては煮沸処理が適さない場合もございます。

  • 各処理の「最後」には、綺麗な水に一定期間沈めたり、再度、丁寧に洗浄をしてください。例えばアクアリウムの場合、「普段の水替えの時」と同じように「水道水に含まれるカルキや重金属など」を抜いた(中和した)水に一度沈めたり、その水で洗浄をするとさらに安心です。

  • 水中に流れ出る流木の「色素(水の着色)」は、完全に除去することが難しい場合もございます。この色素自体については、多くの場合、魚などの生体への影響がほとんどないとされていますが、水への着色が気になる場合には「活性炭などの吸着系ろ材(活性炭フィルターなど)」を使用することで、着色をある程度抑えることができる場合があります。

  • 主にアクアリウム等でメインの本水槽で使用する前に、本水槽の水を使用した別水槽にパイロットフィッシュとしての生体と流木を一緒に入れ一定期間チェックすると、より万全に近い「念入りな確認」が可能な場合もあります。(※生体の種類や環境によっても異なります)

  • 洗剤・石鹸・アルコール・消毒液・その他有機溶剤などが含まれるもので洗浄・下処理・お手入れ等はしないでください。

  • 容器によっては熱湯が適さない容器、水やお湯を張る状態が適さない容器、ついた汚れが落ちにくい容器もございます。また、必ず、汚れていない綺麗な容器をご使用ください。

  • お湯・熱湯・火の取り扱い等には十分ご注意ください。

  • 上記は、一般的に知られている主な流木の下処理方法(あく抜き・塩抜き・殺菌の方法)の一例となります。

天然の流木素材は、この世の中に二つとしてない、大自然からの「素晴らしい贈り物」です!

それらをご購入者様に安心かつ完全、そして活用的にご使用して頂きたく思い、流木の「あく抜き・塩抜き・殺菌処理」等に関しての「大切なご案内」をさせて頂きます。流木日和では、見た目の綺麗な流木を海で採取し、下処理をある程度施してから販売しておりますが、これらは万全や安全性をお約束するものではございません。

一言に「流木」と言いましても、元々の「木の種類(樹種)」や「漂っていた環境・落ちていた環境」などによっても、その個体の状況や性質は様々です。

また、お客様が実際に使用する目的や環境、動植物(主に魚類・両生類・爬虫類・鳥類・昆虫のほか、色々な生物・植物)の種類やパターンも様々です。

このため、流木個体・使用目的・使用環境・動植物の種類によっては流木日和の下処理だけでは「不十分」であることも考えられますし、元々の木の種類・付着物・含有物・採取するまでの流木の環境等に関しては、流木日和では判断できません。

一般的なハンドクラフト・木工工作・DIY・インテリアなどでお使い頂くために「洗浄処理・熱湯処理・乾燥処理・(沈水処理は沈水流木商品のみ)」をある程度施した状態での販売をしておりますが、無菌状態での管理や殺菌滅菌包装をしているわけではございませんので、乾燥処理~保管~梱包~発送の各段階においても、どうしても空気中のチリやホコリ、手袋などについている雑菌、時期や気候によっては「花粉・黄砂」など何らかの不純物等が付着してしまう可能性も当然ございます。

また、表面への付着物以外では、特に、アクアリウムやビオトープなどの「水をはった水槽」等でお使いになられる場合には、流木の「アク・色素」等によって水が着色してしまったりする場合もございます。

(水の濁り・色素の流出・着色は店頭で販売されている「あく抜き済み流木」と呼ばれるものにも、少なからずあることですが…)

なお、主にアクアリウム等における「あく抜き処理の必要性」に関してですが、その成分が個体によっても不確定な「アク」に関しましては、実際、管理者の主観によるものが多いようで、あく抜き処理の「必要・不必要の意見」は様々のようです。

川流木の場合は、魚に好影響を与える要素を下処理によって殺してしまうとの理由や、バクテリア・pH・硬度等の観点から、あく抜き等はしない方がいいと考えている方もいらっしゃるようです。(※流木日和としては、川や海などの採取地に関わらず、下処理を施す方が良いと考えておりますが…)

どちらにいたしましても、流木日和の流木は「すべて海の流木」になりますので、生き物や植物等と一緒にお使いになられる場合には、どうしても「塩抜き・あく抜き・殺菌等の処理」が「必要」になってしまいます。

あく抜き剤の安全性や有効性、使用方法に関しましては、あく抜き剤それぞれによっても違うかと思いますので、ショップ・販売元・製造元等の各商品に詳しいところにご確認を頂ければと思います。

また、海流木は海を漂ってくるという性質上「沈水処理をしていない流木や乾燥させた流木」は、ほとんどの流木がそのままでは沈みません。

このため、水に沈める場合(再度の下処理のためにすぐに沈めたい場合)には、沈水流木販売における「濡れたまま発送」をご希望頂くと、乾燥状態からよりも「早期に水に沈む可能性が高い」かと思います。

(※沈水流木は発送前に1つ1つ沈水するかを確認していますが、しばらく水から出していただけでもすぐには沈まなくなる流木もございます。また、沈水流木として販売している流木以外では個体によって全ての流木が沈むようになるとは限りません。)

なお、沈水流木で「乾燥後の発送をご希望」の場合、流木日和で沈水されていた際の水分を乾燥させて一度飛ばすことによって、お客様の環境に適した水分を芯まで吸わせることができるというメリットもございます。

以上をご理解ご了承いただきましたうえで、改めまして、海からの「素晴らしい贈り物」である流木を末永く皆様にご愛好して頂けることを切に願っております。


最後に、流木日和が飼育している水槽やガーデニング(流木レイアウトの一例)を、少しだけ「紹介」します。

水槽につきましては、流木日和はアクアリウム店ではございませんことから初心者向けの環境変化に強く水質にもうるさくない生体や水草ばかりではございますが、熱帯魚・メダカ・エビ・シュリンプ・水草・苔の飼育をしております。

このため「日々、大切に育てている命の成長や繁栄の楽しみ」と「流木の存在感の素晴らしさ」の、その両方ともを強く感じております。

もちろん「流木」は「すべて流木日和の流木」を使用しておりますが、これらの紹介により安全を提示しているものではございませんこと、念のため、予めご理解ご了承ください。

同じようなアクアリウム・熱帯魚・ガーデニング等のことなら、素人の私どもよりもお客様の方がはるかに知識も技術も経験もセンスもお持ちであるかと思いますが...、流木日和でも少しだけ熱帯魚等を飼育していることもあり、上記のように沈水流木の処理については流木日和でできる限りのご案内をさせていただき、さらに、「種類も形状」も様々な海流木の活用方法やレイアウトについて、もし、何らかの参考になれるようなことがあれば、と考えております。

(飼っている生体:カージナルテトラ・ブラックファントムテトラ・ロージーテトラ・ポポンデッタフルカタ・オトシンネグロ・サイアミーズフライングフォックス・レッドチェリーシュリンプ・ヤマトヌマエビ・ミナミヌマエビ・メダカ各種など)

この項目上の大きな水槽写真の流木については、木の色が違いますことから、既にお気づきかと思いますが、主に、ストレート・Y字・U字などの流木を複数本組み合わせて「1本の樹木のようなイメージ」でレイアウトしています。

この「上の写真」は「最初にあったレイアウト水槽のその後(最初の写真のその後)」です。(※水草の種類やレイアウトは多少変わっています)

時間の流れとともに、水草が生い茂ってしまい流木の姿がよく見えなくなってしまっております。流木をメインに考えていたのに痛恨のミスです…。

サイズが合わない流木は下側を切断して「底砂深く」に埋めています。切断したことで何らかの悪影響(木内部の物質の流出など)が出てくることも可能性としては考えられますが、この時に使用した流木でこの流木日和の環境下では、生体にも変化が見られなかったため特に問題はなかったと判断しています。

このレイアウトで言えば、最初から立派な樹木型でイメージもサイズもぴったりの流木があれば言うまでもなくそれがベストですが、なかなかサイズに合う流木を探すのも難しいうえに、長年水槽レイアウトをされてきた方はお気づきかと思いますが、最初から「形の決まっている1つの流木」よりも「バラバラの流木を組み合わせて」いく方が、水槽のサイズや最終イメージに近い流木レイアウトを組めることも多々ございます。

何の変哲もない流木でも「組み合わせ」と「レイアウト」によっては、様々な姿での活用ができる
と考えています。

上の写真は、主にミナミヌマエビ稚魚(メダカの稚魚も少し混泳)用の水槽です。ミナミヌマエビの稚魚は肉眼でも見えにくいほど小さいため写真ではまったく見えていませんが…、ミナミヌマエビの子どもが50~100匹ぐらいはこの水槽の中にいるかと思います。

右側のウィローモスの森の下は「すべて流木」です。

イメージとしては「人の手入れのない奥深い自然」を出したかったことから、あまり1本1本の形は気にせず、棒状や塊状の流木を「山」のように積んであったのですが、その流木に巻き付けたウィローモスやミクロソリウムが成長した結果、こちらの水槽も「肝心の流木」が水草に埋もれて見えなくなってしまいました…。

(水草成長前の写真を撮っておらず、申し訳ありません。追記:生い茂りすぎてきたため、ウィローモスを間引きながらカットしたところ、下の流木が若干見えたので写真を追加しておきました)

上の写真は、親メダカの水槽・稚魚メダカ専用の水槽・孵化専用の水槽などのアクアリウム水槽のほか、植物でのコケテラリウム(コケリウム)、コウモリランや多肉植物などを利用した園芸ガーデニングなど、その他の写真です。

「コケリウム・ビオトープ」では、流木に苔を活着させたり「水中と陸地の両方」を表現できたりと、多彩な流木活用方法が考えられます。苔はそれなりに湿度を高く保つ必要があったり、霧吹きで湿らせたりする管理の都合上、どうしてもカビなどの発生に注意する必要があります。水に浸かっている状態やポンプなどで水が常に流れている状態では発生しにくい(白い水カビのようなものが発生することはある)のですが、アクアリウムでの完全な水中使用よりもカビが発生する可能性は高くなります。

「ガーデニング」では、「水苔」や「針金」等を使うことも多いかと思います。流木に「穴を空けたり」することもあるかと思います。また、ガーデニング・園芸では、一度しっかりと流木を乾燥させてらか使用することも肝心であると同時に、流木を吊るしたりする際には「水やりや雨水等によって、水分を含むと乾燥時よりもかなり重くなる」ことにも考慮する必要があります。

もし、流木活用・流木使用・レイアウト等の何らかの参考になっていただければ幸いでございます。

【 沈水流木 販売一覧 】に戻る

【 珍品単品 販売一覧 】に戻る

【 格安セット販売 】に戻る

流木の下処理工程のページ に戻る

トップページにもどる

上に戻る

 
   
 


トップページ流木日和 紹介下処理工程
伊豆の海と流木保管と管理在庫・お客様の声

流木の格安セット販売訳あり流木沈水流木
珍品・単品流木オーダー販売大量販売

流木活用展お買物についてご注文フォーム

流木の下処理  格安&激安の秘密  格安流木のセット販売  お問い合わせ

 
 

サイトマップ

伊豆の天然流木販売「流木専門店・流木日和」

Copyright 2007- 流木日和.
All rights reserved.